社会ニュース
2015/03/08 (10:00) [社会]

シリア遺跡研究、12月に国際会議 内戦後の再開支援 | 中日新聞

内戦の長期化で破壊が心配されるシリアの文化遺産の情報を共有しようと、中部大の西山伸一准教授(西アジア考古学)らが、今年末に隣国レバノンで国際会議を開く準備を進めている。シリアで発掘をしていた各国の調査団が一堂に会し、内戦前までの成果を発表。将来、平和 ...[続きを読む]

社会ニュース 新着記事

この記事に対するコメント
名前(任意)
コメント
Copyright(C) シリアアップデート/シリアニュース All Rights Reserved.